猫の目ヤニ、涙やけ。これって病気?

人間に目ヤニが出るように、
目ヤニが出ることもごく普通のことです。

catnokenkou.jpg

しかし、目ヤニの質によっては病気である可能性もあります。
茶色やこげ茶色の乾燥した状態の物なら正常ですが、
黄色っぽくドロドロしたものや白くベタベタした目ヤニだと
結膜炎や感染症の疑いがあります。

そのまま放置してしまうと、猫は涙やけを起こすことがあります。
「涙やけ」というのは、いつも以上に涙が分泌され、
涙に含まれる成分が過剰に毛につくことによって変色してしまう事です。

涙が過剰に分泌される原因はいくつかあり、
結膜炎などの「目の病気」によっても起こります。
この場合、病院で治療することで解決します。
次に、「排泄障害」によるものです。

添加物たっぷりなどの粗悪の食事ばかりですと、
涙管という涙の通り道が塞がれてしまいます。

そうなると、排出がうまくできず、
涙があふれ出てきて毛につき涙やけを起こします。

対処法としては、血液も涙もサラサラにするため、
体に良いものを食べさせてあげることが必要です。
→猫にとって本当に良いキャットフードのカナガン。

最後に、「目に異物が入ってしまった」ことによるものです。
毛やまつ毛が入ってしまっただけなら、切ってあげるだけで大丈夫です。
しかし、異物によって角膜などを傷つけている可能性もあるので、注意が必要です。

このように、猫が何かの原因で涙目状態になる事を流涙症と呼びます。
最も多い原因は、ウィルスによる結膜炎ですが、
猫がいつもより多く涙を流している時は、注意深く見てあげる必要があります。